物件探しのコツ | 東京・神奈川の不動産のことならエムイーPLUS町田

不動産コラム

column

不動産購入を知る物件探しのコツ

理想の住まいを見つけるコツはご存じですか?今回の記事では、適切な価格且つ理想の住まいを探すためのコツをご紹介します。下記ポイントを踏まえておくことで、物件探しがより効率的になり、理想の住まいに出会いやすくなります。

1.購入の理由と時期を明確にしておく

1-1.購入の理由を明確に

住まいを購入する理由を再度明確にしておきましょう。なぜ住まいが必要なのかが明確になれば、エリアや物件候補が絞りやすくなったり、不動産会社へ相談する際にもスムーズになります。 なお、必須条件と譲歩できる条件を分けておくと、優先順位の整理もしやすくなります。購入理由の例としては下記などが挙げられます。
 

・子供が生まれたから部屋数が必要
・テレワークになり、郊外でのんびり暮らしたい
・車を使うため、駐車場のある家に住みたい
・庭付きの戸建てが欲しい
・子供たちに遺せる資産が欲しい
・通勤時間を減らし、職場の近くに住みたい
・子供が成長し、住まいが手広になった
・二世帯住宅で親の面倒を見たい



または、今の住まいの不満な点を考えてみるのも1つの手です。「家賃が高い」「職場から遠い」「子供部屋が足りない」など、解決したい点があるのではないでしょうか。 そこから住まいを購入したい理由を探していく方法もあります。

1-2.購入の時期を明確に

物件の市場は常に流動しています。しばらく先の購入を予定している場合は、候補物件が売れてしまう可能性もありますので、先に様々な準備を済ませておきましょう。 準備項目としては下記などが挙げられます。
 

・希望エリアの選定
・資金計画策定のために今後のライフイベントの想定
・希望エリア、間取りでの相場観の確認
・相談先の不動産会社を決めておく



手続き期間等を踏まえると、精力的に物件探しや内見をするのは、目標期限の2ヵ月~4ヵ月前くらいからが理想です。

1-3.理由と時期を明確にしたら、不動産会社へ相談しよう

様々な準備を終えたら、不動産会社へ相談をしましょう。準備段階で不安な点や悩みがあれば、その時点で相談してみるのもおススメです。 不動産会社は住まいに関するプロですから、役立つ情報や的確なアドバイスが可能です。 また、商圏エリアに精通しており、実際に生活していくうえでの、買い物や通学、防犯面等の暮らしにまつわる全てをサポートしてくれます。 住み始めてから後悔が生まれないように、しっかりとアドバイスを受けることをオススメいたします。

2.物件購入の流れと期間を把握する

下記に物件購入の流れを示しています。一般的な物件探しの平均期間はおよそ2ヵ月~4ヵ月間です。 予め様々な準備を済ませておければ、もっと早く理想の住まいに出会うことも可能です。

物件購入の流れ

しかしながら、2ヵ月~4ヵ月の期間より、早すぎたり遅すぎたりするのはお勧めできません。 早過ぎてしまうと、まだ出会えていない理想の住まいがあるかもしれません。 また遅過ぎてしまっても検討中の物件が売れてしまったり、策定した資金計画がずれてしまう可能性もあります。

少し悩んでいるなと感じたら、余裕を持つためにも資金計画を見直しておくことをオススメいたします。

エムイーPLUS町田では資金計画に優れた専任のアドバイザーが常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。 また購入後の資金計画のご相談も可能です。購入から時間が経つと、様々な部分で資金計画がずれてしまうこともあります。 そんな時には弊社のアドバイザーが再度計画を致しますので、ご安心ください。

購入問い合わせフォーム

3.内見で本当の優先順位を見極める~内見時のチックポイント~

気になる物件があれば、内見を行いましょう。この章では室外と室内の確認しておくべき箇所をご紹介しています。 また、内見を行うことで、より希望条件が明確になります。 例えば「収納量」「駐車スペースの大きさと位置」「コンセントの位置や数」など、今までの優先順位が変わってくることもあります。 そのため、物件探しを始めてから早めのタイミングで一度内見をしておくと、その後の物件探しがよりスムーズになります。 なお、購入の意思が固まってきたタイミングでの内見ではより細かい部分でのチェックが必要になってきます。

3-1.新築物件の注目ポイント

新築物件は工事完了から間もないケースも多く、初期不良を見逃してしまうと、不動産会社によっては保証をしてくれない恐れがあります。 予想外の出費で資金計画を崩さないためにもしっかりと確認しておきましょう。
 

【一戸建て】

内見を通じて間取りや収納など新たな希望が生まれることがあります。小さな不満や要望がある場合は、我慢せずに思い切って別の物件を探すこともコツの一つです。 また、購入希望の物件に万が一問題が見つかった場合は補修工事を行ってくれます。10日もあれば対応してもらえるので、入居希望日までには余裕をもって内見をしましょう。
 

■優先順位の見極めに必要な事
・コンセントや収納の使い勝手(足りているか・適切な場所か)
・駐輪、駐車スペースが止めづらくないか
・洗濯物やお風呂場の動線は適切か
・窓の向きや数、物干し場の使い勝手

■初期不良確認に必要な事
・図面との相違がないか(コンセントの位置、設備のサイズ)
・固定物の強度や開閉物の確認(手すりや棚の固定、ドアや窓などの開閉)
・壁紙や天井クロス・床に汚れや傷がないか
・通電の確認
・外壁や基礎にヒビが入ってないか



【マンション】

一戸建ての注目ポイントに加え下記4つの確認をしましょう。 マンションでは一戸建てとは異なり、修繕や補修に時間を要します。 また、明らかな欠陥でない限り、個人の要望だけでは実現されない場合もあるため、より緻密な内覧を行いましょう。
 

■優先順位の見極めに必要な事
・共用部分の使い勝手は良さそうか
・ごみ置き場は居住部分から離れているか
・ごみ置き場は密閉されているか(害虫等の発生抑止の工夫が行われているか)

■初期不良確認に必要な事
・地下駐車場の排水は適切か

3-2.中古物件の確認ポイント

中古物件はリフォームの必要性等について不安を感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。そんな不安を解消するためにも、内見の際のチェックポイントや、見つけた劣化から起こり得る懸念点についてご説明します。中古物件購入の不安を解消するためにもしっかりと理解しておきましょう。
 

【一戸建て】

中古物件の場合は初期不良ではなく、今後起こるかもしれないトラブルをなるべく避ける為のチェックが必要です。「外壁」「基礎」「屋根」「軒裏」「立て付け」は特に注意したいポイントです。
 

■優先順位の見極めに必要な事
・コンセントや収納の使い勝手(足りているか・適切な場所か)
・駐輪、駐車スペースが止めづらくないか
・洗濯物やお風呂場の動線は適切か
・窓の向きや数、物干し場の使い勝手
・水回りの状態や水圧

■中古物件で必要な確認
・外壁のひび割れ    →外壁内部の腐食、カビや白アリの発生
・基礎のひび割れ    →家の傾き、耐震性の減少、地盤沈下の恐れ
・屋根や軒裏のずれや破損→雨漏り、強風による破損や落下
・立て付けの不具合   →構造が歪んでいる恐れ、耐震性の減少



万が一欠陥があった場合は、早めに補修をしなくてはいけません。予定外の建て替えやリフォームが生まれないように内見時にチェックしておきましょう。 また災害が発生した際に被害が大きくなってしまう可能性もある為、注意が必要です。
 

【マンション】

「共用部分」や「目に見える劣化」は必ずチェックしておきましょう。 また、購入希望のマンションの場合は、「外壁」や「基礎」「確認しきれない共用部分」についてホームインスペクター等を用いて専門家に頼るのも一つの手です。 その際は管理組合の合意が必要となるため、不動産会社に相談すれば管理組合と調整をしてくれます。 なお、外壁についてはご自身で確認できる部分もありますが、こちらも専門家の手を借りると安心です。
 

■優先順位の見極めに必要な事
・共用部分の使い勝手は良さそうか
・ごみ置き場は居住部分から離れ、密閉されているか(害虫等の発生抑止の工夫等)
・掲示板に変な張り紙や注意書きが無いか
・隣室の傘や自転車が共用部に置かれていないか
・コンセントや収納の使い勝手(足りているか・適切な場所か)
・駐輪、駐車スペースが止めづらくないか

■中古物件で必要な確認
・外壁や基礎のひび割れが無いか
・修繕積立金制度が有るか、きちんと積み立てられているか
・立て付けの不具合が無いか



マンションは集合住宅ですので、隣室や居住者の方との距離が近くなりやすい傾向にあります。 トラブル等を避けるためにも可能な限り共用部分の確認もしておきましょう。 加えて、マンションでは居住者間による修繕の為の積立がされているケースが多いです。きちんと積み立てられているかなどは、不動産会社を通して確認しておきましょう

3-3.周辺環境の確認ポイント

周辺環境の充実性も理想の住まいに欠かせないポイントです。内覧時に確認しきれない部分は後日にでも確認しておければ、購入の際の不安を減らすことが出来ます。
 

■コンビニやスーパーなどの近さ
普段の生活に欠かせないコンビニやスーパーの場所と営業時間は確認しておきましょう。 せっかく近くにあっても帰宅時間に合わなければ意味がありません。また、品ぞろえや価格も確認しておくのが理想です。

■治安の確認
「駅からの道のりや人通り」「街灯の数」「お子様の通学路」には特に注目しましょう。図面や資料だけでは治安面は把握しきれません。 昼間と夜間では大きく印象が異なるため、可能であれば実際に夜間に訪れてみて雰囲気を掴むことをオススメします。

■騒音は大丈夫か
パチンコ店などの娯楽施設や幹線道路が近すぎないか、把握しておきましょう。特にトラックなど大型車両が通行する幹線道路では、夜間でも走行音が発生します。暮らしに関わる大また、近隣に病院や消防署がある場合は緊急車両の出入りも考慮しておく必要があります。

■交通の利便性
「駅までの所要時間」「バスの行き先や本数」「駐輪場の場所や料金、空き状況」等はチェックしておきましょう。坂道が多かったり、時間のかかる信号があったり、図面や地図だけでは分からない部分があるので、実際に歩いてみることをオススメいたします。

4.信頼できる不動産会社を選ぶこと(見極める4つのポイント)

不動産購入の際に信頼できる不動産会社を選ぶことも物件探しのコツです。 不動産会社は住まいや暮らしにまつわるあらゆることをサポート、アドバイスしてくれます。 有益な情報を得るためには、メリットやデメリットをしっかりと説明してくれる不動産会社に相談することが欠かせません。

4-1.Googleのコメントや評価をチェック

下記のグラフは、町田エリアの不動産会社へ寄せられたGoogleのコメント数と評価を比較しています。

(購入)町田エリアの不動産会社の評価と口コミ

グラフを見ると弊社のお客様満足度が他社様と比較して非常に高いことがわかります。 先述した通り、大きな買い物ほど慎重になるものです。他のお客様からの評価やコメントを見極めることで、信頼できる不動産会社かどうかが分かります。 また、口コミが多ければ、多くの購入のお手伝いをしてきた証でもあります。これまでに培った豊富な経験とノウハウがあることで、効果的な物件探しのお手伝いが可能です。

4-2.物件掲載数に注目しよう

下記の表は町田エリアの不動産会社における、自社サイトでの物件掲載数を比較した表です。 各社が200件台や600件台ほどで推移している中、エムイーPLUS町田では10,000件を超える物件を掲載しています。 幅広い選択肢の中から、お客様に最適な住まい探しをして頂くために、弊社では常に物件情報の充実化と更新を行っています。

エムイーPLUS町田物件掲載数

自社サイトでの物件掲載は非常に重要です。不動産会社に足を運べる回数は限られていますから、インターネットで物件探しを行えるように物件掲載を行う必要があります。 購入を検討されているお客様に有意義な物件探しをご提供することは不動産会社の義務でもあります。 エムイーPLUS町田の無料会員登録で26,000件以上の物件情報がご覧頂けます。 その他にもご希望条件に沿った物件をご紹介するマッチングメールや住宅ローン無料相談など、会員様だけの特典が盛りだくさん。下記より無料でご登録が可能です。

会員登録フォーム

4-3.銀行取扱件数が多い不動産会社なら、ローン審査にも有利!

銀行の取扱件数が充実している不動産会社なら、ローン審査をより通しやすくすることが可能です。また、金利も不動産会社の信頼度が大きく関係しています。 下記の表は同じ金融機関を利用した際の月々の支払価格を示した表です。 同じ金融期間を利用したとしても、不動産会社によって金利は異なり、結果的に総支払額に大きな差が生まれます。 都市銀行とエムイーPLUS町田での差額を見ると、1年間では36万円、総支払額では1,200万円もの差が生まれています。どれだけ金利が大切かご理解頂けたのではないでしょうか。

各不動産会社とエムイーPLUS町田の月々の支払額比較表

「購入したい物件があるのに、ローン審査が通らなかった…」
他店では実際にこのような買主様がいらっしゃいます。弊社では取扱行数に加え、取引実績が充実していることから、銀行からの信頼を獲得しており、ローン審査に強いという特徴もあります。 エムイーPLUS町田では下記表に加え30行以上もの銀行を取り扱っております。

エムイーPLUS町田の取り扱い銀行

住宅ローンでお困りの方はエムイーPLUS町田の無料相談をご利用ください。経験と知識豊富なアドバイザーがお客様に合ったオンリーワンのご提案を致します。 多くの銀行と取引があるからこそできるご提案がエムイーPLUS町田の大きな魅力の一つです。

住宅ローン相談フォーム

4-4.エムイーPLUS町田は三冠達成

受賞歴にも目を向けてみましょう。民間の調査会社が調査と査定を行うブランドイメージ調査は、それぞれの不動産会社の優れた箇所や実績を知ることができます。

三冠獲得一覧

エムイーPLUS町田では、皆様のおかげで三冠を見事達成いたしました。これらの受賞歴は購入をご検討中のお客様の安心感に繋がり、中古物件の充実にも繋がります。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事では物件探しのコツをご紹介いたしました。 以上のポイントを踏まえて物件を探せれば、理想の住まいに出会える確率が高まります。記事でご紹介した物件探しのコツをおさらいしましょう。
 

・購入の理由と時期を明確にしておく
・物件購入の流れと期間を把握する
・内見で本当の優先順位を見極める~内見時のチェックポイント~
・信頼できる不動産会社を選ぶこと(見極める4つのポイント)



物件探しのコツは上記に挙げた4点です。どれも大切ですが、 やはり「購入の理由と時期を明確にすること」「早めに一度内見をし、優先順位を見極めること」が特に重要です。 物件探しのコツをしっかりと理解し、理想の住まいに出会える確率を上げられれば、より有意義な物件探しが行えます。 また、本当の優先順位が明確になれば、購入後の後悔もなくなります。ぜひ、満足のできる物件探しを行ってください。 エムイーPLUS町田はこれまで多くのお客様の購入のお手伝いをしてきました。 また、インターネット広告に力を入れ、他店を圧倒する物件掲載数を誇っております。 これまで培った豊富な経験とノウハウからお客様のご希望・ご要望に沿ったご提案が可能ですので、不動産会社へのご依頼は是非エムイーPLUS町田へご相談ください。

購入問い合わせフォーム

お家のことで何かお困りの際は
ぜひエムイーPLUS町田へご連絡ください!

0120-008-442

定休日:水曜 営業時間:9:00~

新着コラム